1890年修復完成祝賀のために、その大聖堂屋根の道を使用して1923年記念メダルが発行された。

彫刻:Christian Schnitzspahn

当時、世界最高161.53 mの高さを誇っていた。

その階段数は768もあったという。

重量   33.01 g

直径   41 mm

当方で鑑定に出しております

送料込みです

 

No32_1923年発行 ウルム大聖堂の修復完成(1890年)記念銅メダル 鑑定済み

¥19,800価格